リースについて

リースを利用すれば、設備資金を長期で調達したのと同じ効果があり、購入資金を調達して導入するより手間がかかりません。
OA機器導入の場合、買取よりも一般的とされております。
弊社でご導入のお客様も約9割の方がリースでお申込みいただいております。

与信審査が約2~6営業日のため、スピーディに機器が導入できます。

財務上のメリット

機器購入の場合、銀行などからの借入等設備導入資金の確保が必要ですが、リースによる導入は既存の借入枠に影響を与えません。

リース・導入運用のメリット手続き

月々一定費用での導入により、ワンランク上の機器が導入可能になり、コストの把握も容易にできます。

経理上のメリット

リース料は原則として全額損金処理ができるとともに、固定資産税の納付や保険の付保など様々で煩雑な管理業務から解放されます。

注意事項

リース期間は機種によって異なります。
原則として途中解約はできません。
お客様とリース会社様との契約締結をもって正式受注となり、納品手配をさせていただきます。
審査の結果により、ご希望に添えない場合は弊社担当よりご連絡させていただきます。

リース契約の仕組み
リース契約の仕組み

※保証・アフターメンテナンスは商品によりことなります。
※リース契約に保守料金は含まれておりません。